スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の方のベンゾ関連とは違うかも

ねこ丸の皮膚状態に不思議な傾向が出てきています。
皮膚が光ると言う状態に、LEDルーペで見てみました。
続く
スポンサーサイト

「セネストパチー」等と言われ・・?

良く「セネストパチー」等と言われ、口腔内感覚異常として症例にあげれてます。
これは口腔内だけでなく、全身に異常を感じることを言い、ほとんどが心療内科対象となって、なおかつ治らないと言うことになっています。

多くの方はベンゾなど向精神薬の断薬や耐性離脱によって起こると考えておられると感じました。
かついう私めも、そのように考えた沢山の症状や症例、治療法、治療薬等を検索いたしまして、UPしておりましたが、

足や体中の ムズムズ感、蟻が這うなどの感じがする、ビリビリとした痺れ感、ブルブルと震える、筋肉の痙攣、関節や(考えられない)筋肉のポキンとか言う音、バネ指、至っては指関節の変形まで。

これらの症状をうったえる方は、治療などでベンゾの投与を受けることが多く、ついそのせいにして、ベンゾ離脱症対策に奔走されます。

私だけとは思いますが、その症状の元になると思われる原因を見いだしました。

皆様も、ベンゾだけではなく、その他の可能性を探って頂きたいと思っております。

夜寝ておりまして、布団の外に手足膝などが出て少し冷えるとビリビリと感じてしまいそれが1分ほどで収まりましても、ブルブルやその他の不快感に包まれます。
このあと暖めようとしましても、体力が落ちているのかなかなか暖まらず、そのくせぬらっとや汗をかいてしまい、それが乾くにつれヌルヌル、ネバネバ、クチャッと養生テープ並みの粘着性まで生まれてしまい、もっと乾いて蝋を塗った感じのグルッとした滑り感(シリコンなどのツルツルではない)
その蝋が固くなって表皮に取り付いてめくれ上がり表皮が裂けて鱗のようにはがれ、ターンオーバーの状態になります。
これは違和感(現実的な状態があって感じても)精神の病としたり、表皮に溢れる滲出物を見ることなく、ターンオーバーと決まってしまいます。
手に蟻が這っているかと見ると小虫が歩いていて、これを説明しても信じてもらえないのです。
現に目医者さんに行って、目がチカチカする(そのときは状態を認識できずにいて)デジカメ画像を見せられて、「なにも異常は見あたりません?」最近気が付いたのは、ヌル汗が目の回りにのあって、入ってしまいます。
拭き取ればいいだろうと思われますが、疎水性はじめは水溶性でも乾くに従って、後で湿してもふやけるだけで溶けない、油分があって水をはじき、蝋のようにぬめって滑る、石鹸で洗うとアイスクリームみたいに硬めの泡がたくさんできてタンパク質の存在を暗示します。
つまり目の中までは拭けないので、目が痛んでも我慢するしかないという状態です。
同じように口腔内にヌルヌルが溢れるのは鼻を調べると、透明少し濃いめの鼻汁が多いようで、これが乾燥すると薄い皮膜状(ドライノーズ、ドライマウスと言われる突っ張り)に成って、新たな刺激や動きの刺激で、新たな鼻汁でとろけ、鼻口喉に流れ込んで咽せ目が覚めたりします。
手足の違和感も体液内に酸素不足、体組織再生の重要な物質の組成変成があると、正常に組織再編成が狂って、まともでない状態になります。
もちろんこれはベンゾ関連が原因とも思われますが、ベンゾの治療指針は心療内科ですし、
それで治ったと言う確たる証拠もありません。
出口のない方策にばかり向くよりは、検査や研究で見つかれば、少しでも治る可能性のある方向も探ろうではありませんか?
治療する方とすれば、治ってしまうと後が続かないわけですから、薬が売れて、治療が増える、
ベンゾなど、向精神薬離脱、断薬治療に向く方が得策なのです。
またスピリチャルやサプリ、ホメオタスなどのお誘いが多いのも事実です。

かの有名な ポーリング博士は結局癌で亡くなられましたが、向かわれた体液初源説もうなずける内容、大いなる研究の進展にこれからの期待を掛けても良いのではないかと思っています。

体液が狂ったら、神経、筋肉、皮、骨、関節、血管、新生物、その他何でもござれの原因となります。

その他腸内フローラは重要ですが、手術などで多量の抗生物質投与は生まれてから何十年も掛かって得た有用細菌叢を全てリセットしてしまい、医療はその後のホローをしてはくれません。

良性細菌を持つ人から糞便を提供して貰い、高価にて腸管移植をする商売もあるようです。
せめて、特殊カプセルにするとか(経口は嫌だって?)すれば便利とは思いますが・・・

皮膚(膝など表側の)が光る、異常ではないと言うが腕の内側はゴム引きのようにきめが細かく、
引き延ばしても光もしない、十分に伸縮が効いていて、指で擦ってもほとんど音がしない、
具合の悪い部分は紙箱を擦ったみたいにガサガサと響く音がする。
これも異常ではないと言う・・大体皮膚の診察にゴム(樹脂)手袋をしたままで判るのか?
感染伝染を避けるためとは言うも、これでは解りっこない。

ではまた


命の本質

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
05 | 2017/03 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nekonomura21

Author:nekonomura21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。